徳三の戯言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- --:--|
  2. スポンサー広告

靴下をとめる45年間の歴史があるソックタッチが話題

パッと見ソフトタッチみたいな文字なので
またそれなりの役職についている
オヤジが若い娘や未成年に
何かやらかした犯罪が話題になっているのかと
思ってしまったらそうじゃない。
文字をよく見てみるとソフトではなく
ソックである。

なんでもルーズソックスが流行って
頭は茶髪、金髪に顔などを黒くして
目のあたりに変なシールをベタベタ貼ってた
あの頃…、まではいきすぎだが
まぁその前後辺りから流行り出したルーズソックス全盛期の時
(そんな彼女らももう30代になっている…んだっけなぁと)に
わざとそれを短くしてそれをキープしておくために
足にこれを塗っておく、要は糊のような役目をしている
(…といったら語弊があるのか)そんなものかと。


個人的にはそのころに開発されて
販売されたものだと思っていたんだけど
実は相当前からこの商品があったことを
この検索サイトのキーワードから入っての
ニュースサイトで知ることになる。45年となると
自分よりも先輩だ。

しかも当時は「長い靴下がずり落ちないように」
という理由で使う人が多くてバカ売れしたそうで
そのルーズソックスの時は第2次だったらしい。
ルーズソックスが廃れても紺のハイソックスに使うために
それでもまだ需要はあったそうだけど…。

今はこの記事を読み進めてみると、
現物(若い女性の方じゃなくて、靴下の方だよ)を
自分はみていないのでどういうものかはわからんが
とにかく短い丈が流行っているのだそう。
なのでわざわざ一定の位置で留めておく必要が
ないらしいからなのか売れ行きがさっぱりになってしまったとか。

この辺りが商売をする人の難しさのようなもので
ブームとかが来て波に乗ると
その商品は売れるけどそのブームが過ぎてしまうと
ぱったりと全く売れなくなるというかね。
ただ、この記事の人のインタビューに応じた
担当者の人は結構強気だ。

いや、それもそのはずで、ファッションは面白いようで
昔トレンドだったものが今風のエッセンスを加えて
今風のオシャレとしてトレンドになってしまうそんな感じ。
なのでこのソックタッチにしても何らかの関係で
また売れるんじゃないだろうかとこの担当の人は
みているようだ。

一時有名モデルがCMか何かで
ルーズソックス(もどき?)を履いていたことで
再び脚光を浴びるのかとかプチ話題になったが
あれはいったいどうなったんかね?

まぁルーズソックスが流行っても
以前のようなルーズソックスはもちろんだけど
茶髪、金髪になぜか色黒(←この辺りが全く分からん)
にマイクロミニの女子高生が当たり前になるような
あんな品のない(頭の良さを感じさせない)ような
ファッションだけは止めてほしいものなのだが、
それを東京オリンピックが近付いてくる
今のエッセンスを加えたら一体どうなるのか…
というものだけはちょっと見てみたくもなる…。

そうした時に(↑のような時じゃなくても)ソックタッチが
何らかの形で必需品になり
また売れるようになればいいんですけどね…。



スポンサーサイト
  1. 2017/07/31 10:48|
  2. 雑記

岩井志麻子 石原真理子に彼女の幸せは生きた人間のお友達を一人でも作ること

石原真理子(石原真理絵だったり、
少し前に石原真理に改名して
またいつの間にか戻したんかい!
玉置浩二とは再びよりを戻して
いつの間に分かれたんかいって
と色々と突っ込みどころがあるんだが…)が
コンビニで万引きをしたらしい記事に対して

岩井志麻子さんは、なんかで
すごいって聞いたんでみたら
(てっきり自分はふかわさんのメイク室
というキーワードに引っ掛かり
岡本夏生嬢ばりにすっごく散らかしているのかと
思っていたのだがどうやらそっち系では
なかったようで)、
その石原真理子という人は
「かなり前から生きた人間の友達がいない」んだそうで
宇宙人か妖精か死んでしまった人か
あとゼウスとかブログの中に生きた人間が出てこないのだそう。

憎しみとか怒りとかいうより
孤独・さびしいという気持ちが
もっとも人間を加害者にも被害者にも
ダメにもしちゃうなぁ…と
そして彼女の暗転のすごさにも触れて
5が3になるより
100が5になる方がキツいと。
そして彼女の幸せってなんだろうと、
生きた人間のお友達を一人でも作ることじゃないかと。

危うさや天然が魅力だった(らしい)のが
これになるか…裏返るんだなぁ…
と現生の幸福をつかんでた当時を比較して嘆いていました。

どれだけバブルのころ(平野ノラのメイクが
彼女のそれに近いものがあるのでおそらくそのころだと思うのだが)
人気があったのかは知らないけど、
当時自分がまだ学生だったからあまり芸能人に関して
詳しくはなかったのだがそれでも名前と
アレだったというのだけは知っているから
かなりの売れっ子だったのだろう。

たしかにふかわさんがすごいと
5時に夢中!のこの記事の時の志麻子さんへの振りで
言っていたので試しに検索してみると
まとめのようなものがあってみてみたんだが
正直訳がわからない。
いや、頭のキレる人でさえもこの方の内容は
何を言わんとしているのかがさっぱりわからないだろう。
その今、お騒がせている(というか勝手に
マスコミに持ち込んで騒がせているといった方が
正解なのかもしれない?)松居一代サンの
ブログのはるか斜め上を行く内容で
自分自身はついていけない。

…とりあえず文章を絞ろうよ…。
見ようとする気が失せるほど
(恐らく何か怒りにまかせて殴り書いたのだろう)
半端ない数の文字の羅列である。
何を一番主張したいのかがボヤケテくる感じ。

まぁさ、ブログの中に生きた人間が出てきていないというのは
ずいぶん前だったらかなりヤバいといわれているけど
2次元に嵌っている人はその2次元のキャラクターが
あたかも生きているかのような感じで
描かれているような気もして
それはそれで別に問題はないんだが
そういう2次元キャラが好きな人との
次元が全く違う。何かしらの狂気(凶気?)が
そこはかとなく漂っている。

まぁね、本当に生きている人間のお友達が
いるのかいないのかはわからない。
ただ、それは何もこの人に限った事じゃなく
自分自身みたく作りたくても作れない人間も
たくさんいると思うし、100が5になることよりも
0から0のままというのはもっと辛いことかもしれない
と思ったりもする。

一度でも栄光や名誉を手に入れられたら
今の現状がどうであれ
(つーか石原さんって中瀬さんらと同い年なんだ…)
それはそれで人生儲けものだと思うし
何も栄光も名誉も富も手に入れられぬまま
そして生きた友人すらもいないまま
死んでいくであろう人間からすると
すっごく幸せな事だろうなぁと。
清原しかり田中聖しかり、
こういう過去に超売れっ子だった人が転落した記事を
TVで取り上げた時に自分はいっつも思うのである。



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2017/07/29 19:24|
  2. 雑記

メガネあるある50連発が話題

メガネあるあるというのが話題になっていたので
(というか検索サイトの場合は平日の時は
ランダムに抽出してトップに乗せるだけだがw)
ちょっと見てみることにした。

確かにそこに書かれている50の項目のうち
あてはまるものが結構あるんだけど
ちょっと極端なものもなくもないみたいな?
石原さとみがなんたらとかスラムダンクがどうとか
何とも思ったことがない…というかスラムダンクを知らないし。

まぁ、確かに真面目に見える…というか
自分の場合は単なるガリ勉タイプにしか見えないという
(全然勉強できひんのに…)
ちょっとそういうコンプレックスはある。
それで余計なおせっかいな人間に
コンタクトに変えろと言われたことがあるけど
そこまでする必要性をあまり感じないと思い
未だにコンタクトにはしていない。

何せうちの兄はコンタクトをしてたら
目につけた状態でコンタクトが割れたという
アクシデントに見舞われ
(幸い目に何の支障もなかったのだが)、
それを目の当たりにしたこともコンタクトにしない理由でもある。
まぁ彼のそれは使い捨ての安物だったからというのもあるけど
メガネ以上にコンタクトのメンテナンスが面倒くさそうだという事も
一つある。

確かにメガネも今は多種多様で
オシャレなメガネが増えたんだけど
このあるあるにもあるように
それをかけたからと言って決してイケてるようになるわけでもなく
かといってメガネを外したからイケてるようにも見えず
悪いものは悪いとういうのが自分の現状。
まぁそれはここにあるような
漫画の世界云々のようなものなのかも?

新しいメガネを今年の初めに購入したんだけど
これが結構面倒くさく
プラスチックのレンズは空拭きがNGだそうで
水洗いができるという事でウェットティッシュでよかろうと
思って拭いたらもう傷だらけのような状態…。
それにイマドキ金縁の眼鏡もどうかと思っていて
(先のガリ勉タイプだのイケてない人ほどそういう人が多いとか、
負のオーラを人に与えていると思い)
今風(であろう)のメガネなんだけど
それでも残念ながらに合っていなかったというし
非常に使い心地の悪さを感じ
今でも普段は金縁の眼鏡を仕方なく使っているという感じだ。
それはここにある冒険して買って失敗した
メガネのことなんかなぁと思ったりもする。

ちなみに自分は他の言動や外見がおかしいらしいので
メガネにちなんだあだ名は付けられたことはない。
まだそういう部分をネタにされるよりも
メガネの方がましだなぁと思ったりもする。

あとおぎやはぎは自分好きだよ。
彼らのあのゆったりとした雰囲気が好きなんだ。
なので土曜日の天才カンパニーという情報番組は
観れる時は観てしまっているわ…。





テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2017/07/24 14:54|
  2. 雑記

じゃんけん大会についての柏木由紀のツイートのサンコンが意味不明すぎる

自分が見た時の時間帯には
メッセンジャー(阪神)、
松村邦洋(笑点)、
内閣支持率だのといった
色々なキーワードが並んでいたのだが
サンコンというキーワードがそこにあり、
オスマン・サンコンが何かやらかしたのか
ちょっと不安になってそのキーワードを見てみたのだが…。

なんてことはない。
…というか肝心のそのギニア出身の方は
そこにはおらず、AKBの主要メンバーの一人の人が
じゃんけん大会の事をツイートしているのが
ベストツイートになっている。

そこにはまだそんなことをやってんのという
全く興味のない自分からすると思う
じゃんけん大会のことが書いてあるんだけど
サンコンで立候補という事だけしか書かれておらず
さっぱり意味がわからない。

メンバーの誰かと誰かと(と誰か?)の
名字や名前を一文字ずつとって組み合わせたもの
だったらわかるのだが、どうもそうじゃないようで?
他のツイートのまとめサイトのようなものを見てみたのだが

そのまとめサイトにあるいくつかのレスを察するに
どうやら今や写真週刊誌のような内容になってしまった
センテンススプリングという雑誌に
熱愛スキャンダルを掲載された
経歴のある(それが黒いという事なんだろう)
メンバーのことのよう(黒いとサンコン氏の肌の色を
掛けたものなのだがこれは正直上手いとはいえなく
失礼に値するとは思うのだが…)。

検索サイトもようわからんから
オスマン・サンコン氏の写真とちょっとしたプロフィールが
申し訳なさげな感じで載っけられているといった状態
(サンコン氏がA型というのは今になって初めて知ったw)で
この意味がわからない人にとっては
肝心のじゃんけん大会そのものよりも
サンコンというフレーズだけが頭の中に
残ってしまい、強烈な残尿感
(要はまったくもってスッキリとしない)を呈することだろう。
つーか例えが上記のようにものすごく悪すぎる。
レスにもあるけどその掲載された雑誌の名前でもいいやんかと。

サンコン氏といえば大昔になるんだろうけど
いいとも!の外人タレントが多数出てくる
コーナーでよくタモさんや鶴太郎サンとよくからんでいて
面白かったなぁという印象があるんだけど
(そのころからケント・デリカット氏や
デーブ・スペクター氏とかが出ていたんだよ)、
以前働いていたことのある会社の休憩所の
仕出し弁当屋のポスターになぜかこのサンコン氏の顔写真が
あって「サンコーン!」って吹き出しがあったんだけど
それはどういう意味なのか(弁当とのつながりもわからん)、
そして本人の許可は取っているのか
全く意味不明すぎてその会社を辞めた今でもは謎すぎる。



テーマ:オタクな日記(・∀・) - ジャンル:日記

  1. 2017/07/23 20:29|
  2. 雑記

西野カナの曲 トリセツを男ヴァージョンにしたら女子に嫌われる歌詞になると

西野カナが検索サイトのキーワードの上位にあったので
何かと思ってみてみたら、
この人本人がどこかの歌番組に出て
なんか新曲でも歌ったわけでもなければ
熱愛系のスキャンダルでもなく、
なんでもこの人の曲の
(社会現象になったって本当かね?)トリセツ
という曲の歌詞を男性ヴァージョンにしてみたという
暇な人がおられてだね。
それが非常に女子にめっちゃ嫌われるような
内容になってしまったとのこと。

内容を見たけど、いやなんで命令口調なんだと
最初から突っ込みを入れたくなる(笑)。
でもよく見なおしてみると、
中身はすごく単純な内容で
男性の正直な気持ちを書いただけでしかないんだけど、
命令口調でなんか知的っぽくなっているがために
女子に嫌われる云々になっているだけのことだと。
確かにこういう男性は嫌われるっぽいね。

まぁね、男性でもこの書き方はイラッと来るし
それでいてクスリとも来る。なかなか面白いねぇ。
不明瞭だとか合理的だとかいいところを突いている。

ただ自分、この曲をとりあえず聴いたことがあるんだが
もともとこの曲の元の歌詞自体がなんだかんだと
自分がこういう人間だからこうしてくれああしてくれと
注文を曲を聴く人に押し付けているような
いちいち面倒くさい女としか思えなくて
それこそジャニーズタレントの一人がバッサリ斬ったのと
同じような感想になってしまったんだけど。

まぁ、こういう女子の気持ちが理解できないのが悪いのか
それともただ付き合うだけでいちいちこういう細かいことを
偉そうに注文する女の方が悪いのか
それは自分には全く分からなくてすまん
といったところだろうか?

とにかく一つ言えることは
人間は面倒くさいというのが
一番嫌われるという事だというだ。
それは恋愛にかかわらず、
フツーの人付き合いに関してもである。
まぁさ、仕事や説明がわからないとか
確認のために色々と聞かないといけない、
これは本当に仕方がない。
本当にわからないのだから聞くのは当然な話で
これを面倒くさいとか何とかで逆切れされたら
たまったもんじゃないわけで…。

必要以上な余計な事を言わない、注文しない。
初めからなんだかんだと条件付ける人は
正直関わりあいになれないなぁ…。
恋愛ってそういう条件のなすりつけ合いじゃないでしょうと
まぁ、異性と縁のない人間が言うのもおかしいけどさ。
それによく考えたら自分も相当面倒くさい人間だし、
こういう事を言わんでも異性から嫌われる存在でしかないから
それはまた非常に辛いのであった…。


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

  1. 2017/07/22 19:47|
  2. 雑記

山田孝之がドラクエXIのCMで全力で駄々をこねる父親役に

何気なくツイートを見たので
最初は駄々をこねる子供をなんたら…
と思っていたら駄々をこねるのが
この山田なんたらという人自身だったという…。
ちょっとびっくりしたというか
どこの間寛平兄やんの
ファミコンこうて~のネタかと思ったくらい(笑)。
こういう大人が本当にいたらすんげぇ嫌だけど。
つかよくこういうのを引き受けたなぁと。
全力で~ってウチの猫もダダはこねてはいないけど
全力で必死に餌を食べていた猫が以前いたっけなぁと。
しかし何よりも全力でやりきる、
この"全力"という響きがいい。素直に歓迎したい
(などと偉そうに上から目線で書くようなことではないが…)。


いやね、そのファミコン時代の
ドラクエだったらこの気持ちはわからんでもないんだけど。
以前ドラクエⅢが発売された時なんかは
電気街とかで発売日に購入したいがために
前日から入り口付近に列作って行列ができたりと
せっかく購入できたのにヤンキーに狩られたりとか
社会現象にもなったものだ。
クソゲーとの抱き合わせで買わせる店もあったりしたり、
あの頃なら駄々をこねたくなるような気持ちに
大人もなるのもわからんでもない?
いや…、やっぱりあれは子供にしかわからないんだろう。
なんでもプレイをするたびにわくわくしていたんだから…。
結局ドラクエⅢはファミコンのソフトがあまり良くなく
データが消えてしまってクリアをできないで終わってしまった。

個人的な話…、というか感想なんだけど
Ⅳ以降のドラクエはどんどん面白さがなくなってきて、
終わった後のやり遂げた感というか充実感もなく
なんか暇つぶしが終わっちまった感くらいにしかないのも事実で
その暇つぶしに購入したⅧは結局途中で止めてしまったくらい。
正直すべてが3D仕様になったというのもやりづらかったというのも
やる気をなくした原因の一つでもあるんだよなぁ…。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2017/07/19 10:55|
  2. 雑記

学ランワンピースというドッキングワンピースが非常に不評

最初学ランワンピースとしかキーワードがなかったので
てっきり漫画の方のワンピース
(ONE PIRCEって書くんだっけ?)と学ランが
コラボしたものが云たら何だろうとタカをくくっていたが
全くの勘違いで中身は学ランを着たい人のために
学ランワンピースたるものを作ったのだそう。

…いやそれだったら別に学ランそのものを
女子向けに作ればいいだけのもので
なんでトップスだけ学ランで
スカートが付いているのか…。
なんでそこでドッキングワンピにしてしまうんだろう?
それでは学ランを成さないようなちょっと違うような気も?

…等と思っていたら、どうやらツイートを見ると
自分と同じような考えの方がおられるようで
この学ランドッキングワンピースはないわーとの声。
それとくびれコンシャスじゃ駄目だとか
女性のラインに沿うピッタリのサイズはダメだとか
厳しい意見が続々…。

それに今の時代、学ランというのも
決して死語ではないがブレザーが大半を占めていて
あまり男性にはウけないんじゃないかと?
本来男性が喜ぶように作られたんだろうけど
男性向けではなく、
女子がむしろ自己満足的に着て喜ぶのかもしれない?
それでもこれ、非常に滑稽なのは確かだけど…、
今後の成り行きを見ていきたい。







テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2017/07/13 11:42|
  2. 雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。