徳三の戯言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- --:--|
  2. スポンサー広告

電車内でスマホに夢中の母へ放った息子の一言が話題

(下手をしたら)8割強が
スマホをいじっているという
スマホをまずいじらない人間から見ると
ある種の異様な、異常な雰囲気、
光景を感じる今の電車内。
朝の通勤時間帯で経済新聞を
読んでいる人間が多かったのは
10年も前ではなかったハズ。

LINEというものが流行るようになって
スマホ普及率が加速したような気がする。

おまけにマナーも悪くなった。
平気で肩をぶつけたり、カバンをぶつけたりしても
知らん顔、降りたい、移動したくても
すいませんと言っても全く無視して
LINEをしている(わかってやっているのかとさえ
思うくらいだ)様には殺意さえ湧いてくる。
もちろんLINEをやっている、スマホをその場で
いじっている人間だけがマナーが悪いのかというと
決してそういうわけではなくマナーを守らない
というか自分ルールが一番だという人間が増えたというのは
何とも悲しいことだろう。

そういう人間に限って自分がやられる立場だと
烈火のごとく怒り、罵倒や暴力等にうって出てくるものだから
タチが本当に悪い。トラブルにならないように
いつも我慢を強いられている人間の気持ちなど
まるで理解せずやられる人間が悪いと
自己責任論をかざされるのだからたまったもんじゃない。

で、ポータルサイトに載ってたこの話。
おそらくこの母親も側にいるこどもをそっちのけで
スマホをいじってた、LINE(内での友人とのやり取り)
に興じていたのだろう。
正直誰と電車内で繋がる必要があるのだろう。
いや、それはこの親に限らずどこの誰でもそう、
故・淡路恵子さんも繋がる必要なんかないって
苦言を呈していたけどまさにその通り。
他人に迷惑をかけてまで繋がる必要はどこにあるのかと。
返信が遅いと友人関係切られるって
そんなの最初から友人でも何でもないでしょう?

いや、本当にそういう親が多くて
子供を椅子に座らせておいといて
後は自分はLINEに興じているというね。
子供が母親のもとを離れてどこか別の車両に行っても
知らない人にさらわれても知らんぷりだったのだろうか?

子供のことよりもLINEの仲間(現実でも会っているんだろうか?)
の方がそんなに大事なのかと。
そりゃ子供がスマホになりたいという気持ちもわからんでもない。
なんだか子供がすごくかわいそうでならない。
子供は親を選べないわけだから。

仮にこれがスマホじゃなくって週刊大衆だったらどうだろう?
週刊大衆を読むのに明け暮れて
子供の話をスルーしまくる母親に
子供が週刊誌になりたいと口にしていただろうか?
なんかそういう事にはならなかったような気がするんだよなぁと。
スマホや携帯などの独特の異様性が子供には
映ったのかもしれません?

つかいっそのこと電車内でネットが使えないようにすれば
良いんじゃないかと思うんだけど
今それをいきなりやると暴力沙汰な事件が多発しそうだなぁ…。




スポンサーサイト
  1. 2017/08/14 18:59|
  2. 雑記

公募も官製名採用のぐんま県境稜線トレイルに落胆の声

なんでもこのトレイルの名称を
一般人に公募していたそうで(つーかそんなの
あったことすら知らなかったのだが…)
結局公募したものの、その公募を却下して
それ以前に"仮称"としていた役人が
仮の名前として使っていたものを
そのまま採用してしまったという
オチがついたような結果になってしまったのだそう。

まぁ、時々公募で選定されたものが
酷い名前のものしか残らないというものもあって
それならば仕方なく役人がつけた仮の名前の方が
まだいいんじゃないかというのもある。
でも公募というのだったら
それはいくらセンスのない名前であっても
それを選ばないといけないのだろうかと
(いやそういう決まりはないのかもしれないけど?)

代表的なものだと都営12号線という
地下鉄名を当時一般市民に公募して
"ゆめもぐら"という名前が選ばれたのだが
(それももっとまともな名前がなかったんかい!
とクレームを付けたくもなるんだが
そういう名前を付けた人が何人もいたのだろう)
それが気にくわないとばかり、
当時の都知事が独断で大江戸線でいいだろう!
の一言(一括?)で大江戸線に決まってしまった経歴がある。

個人的な話、あまり大江戸線というのも気に入っておらず
(いやそんな傲慢な知事の一言で決めてしまうというやり方に対しての
一種の憤りもそこにはある)
かといってゆめもぐらというのも正直気に入らなかった。
どうせなら都営12号線そのまま使用した方がよかったという感じ。

こっちの方はその群馬のそれよりも大きな話題になっていたので
そんな知事の一言で名前が決まってしまうのであれば
一体公募っていうものは何なのか…?
公募のあり方そのものも疑問を感じたものだ。

まぁ今回の群馬の最終選考に残ったそれは
ゆめもぐらみたいなセンス的にもどうかというものよりは
はるかにそれを使っても"何も問題のない"ものもあるので
そんなのをなんで使わなかったのか
この産経の記事に同意はできるのだが、

これくらいでだから群馬は…とか失望というのは
ちょっと行きすぎというか、
こういう事が何度もあるのであれば
そりゃこれだから群馬はどうたらと言うんだけど
そこまで言うほどのものでもないような?
つーか最初にも書いていたように
あまり群馬以外の人に公募が知られていなかったというのが
結局官製でもいいやっていう官主導の
ある種の投げやり体質を作ってしまったのではないかと。

県の目玉産業というのであれば
公募に関してもっとTV等の媒体を使って
アピールをする必要性があったのではなかったか
(観ていない自分が悪いと言われそうだけど?)。

そして何よりもだから群馬は…というのは
公募を却下して役人が仮につけた名前を採用した
そっちよりも名称発表の際に
面白くないというヤジに対して知事がそれに同情する
そっちの方じゃないかと。
つーかそういうのに知事が全く関与していないのか?



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2017/08/12 12:29|
  2. 雑記

マツコ 名門野球部出身者は十中八九クソ野郎

最近5時に夢中!は木曜日以外
本当にご無沙汰で、あまり観る気がしなかったのだが。
月曜日のマツコ・デラックスの発言は
いつも某サイトのニュースになるので
それをある種のネタになるかと思い
(正直隣の株式トレーダーの軽率かつ
失礼なコメントに度々嫌気がさすのだが)
まぁ観てみたのだが。

この日のその野球部の話はリアルタイムで見て
こりゃニュースになるなぁと思っていたら、
案の定予想通りニュースになっていたという。
いやこの記事のネタの野球部は人間力を育てる場ではない
という某高校の監督の話からそういう風な流れになったんだけど。
確かに野球(に限らずスポーツ全般そうだと思う)
をやっていたからと言って人間力が育つかというと
全くそういうことはないのは既に知られたことだし。

先輩後輩による先輩の言った言葉
(それも本当にけったいなものが多い)は
絶対服従的な上下関係やいじめの問題。
部員による喫煙の問題とか挙げるときりがない。

一体だれがそんな運動系の部活をやることが
人間力を育てるみたいな一種の美化をし出したのだろうか?
これもまたスクールウォーズを
真に受けちゃった人たちなのだろうか?

いやあのドラマは、確かに不良生徒をラグビーをさせることで
生徒たちを更生させたという話をもとにしたドラマなんだけど
だからと言って学校側が生徒に部活を強制したところで
不良生徒全員が全員必ず更生したという話は
全く聞いてないし、みんな幽霊部員になって
遊び歩いている&街へ出かけて迷惑をかけたり
どこかの不良のいる学校へタイマンはりに
出掛けたりとそんな感じか?

その上、部活に入ったら入ったで
そういう上下関係の変なしきたりみたいなのに
従わないといけなかったり
(簡単に辞められるという人もいるけど
それはある程度腕っぷしの強い人間だったり
それなりの実力のある人間であって
そうでない人にとっては部活をそんなに簡単に辞めることは難しい)
するわけだし。

そして何よりもその先輩の言う事は絶対服従の
いわばヤンキーの上下関係と何ら変わりないような
(いわば後輩生とはパシリにされるみたいな)

そんな状況なのだから、それが学校を卒業して
社会人になってもあとから入った新人社員や
派遣アルバイトとかにも同じように
服従させたり、70%程度の力でいいものを
自分は120%できるのだから
(そりゃあんたはいつもやっているんだから慣れているでしょう?
仕事ド素人の人間に同じくらいのスピードとかでやれという方がおかしい)
お前らも絶対これだけやれと強要するみたいな、
その上、自分が気に入らないとことごとく罵声、恫喝…、
これこそマツコの言ったクソ野郎そのものではないだろうか?

将来社会人になっても
とても人間力が育つような
場所だとはとてもじゃないけど言い難い。
育つのは、訳のわからない根性だの気合だの
そういう精神論だけだという事。
それを他の人にまで強要するからタチが悪い。
こういう人間ほどやたら口にするのが自己責任だったりする。

本当に自分も体育会系の人間のそれは大嫌いだ。


テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2017/08/07 19:50|
  2. 雑記

岩井志麻子 友達がゼロでも心の持ちようですな

石原真理子の万引き疑惑の逮捕に関して
志麻子さんが生きた友達が一人もいない等、
色々と嘆いてたことに端を発した
追跡ベスト8の企画が友人がいない人の調査という。

自分も生きた友人が一人もいないので
ちょっとこの調査の結果が気になって観てしまった。
ただ、調査対象の人が最初が
まず友人がいないような人間がいなさそうな渋谷で
しかもいかにもいなさそうな人(まぁそうなってしまうのか)
ばかりなのがちょっと鼻にはつくが
それでも一人を除いたら皆数人入るという結果に。
なんでもその一人はお金の貸し借りが原因で
一人も友人がいなくなってしまったのだそう。

他にも代々木公園、秋葉原や巣鴨と
VTRが回って行くのだがそこでも友人のいない人がいたけど
ある人は仕事をはじめ結婚や子供ができたなどの
プライベートな事情から友人と遊ぶ時間がなくなり
次第に疎遠になっていったそう。
またある人は人に時間を合わせるのが疲れるらしく
自分の時間を大切にしたいという理由だそうで
なんとなく友人を株式投資とした理由ももわからなくもない。

最後の巣鴨のおじいさんは若干趣旨と違う感がしたので
あえて一緒にはしないが、
この番組のこのVTRはキー局やNHKでやっている程
視聴者に影響力はなさそうなのだが
なんでも友人がいない人は皆犬が好きなんだそうで
(お金関係で友人ゼロになった人の友人としてあげている
キャラクターも犬がモチーフになっているそうな)
犬が友人のいない人の救世主とか言っておられる
(その上記に書いたお祖父さんは犬も他界している)。

その上、この調査では友人のいない人は
60人中わずか4人だけで意外とみんな
どういう基準かわからないがいることはいるという感じ。

たださ、街に出ている人はすべてとは言えないが
何らかの形で友人がいる人の割合が多いような気がして
そもそも友達がいない人は
まず街にすら出歩いていないのではないかと
自分はこのVTRを観て思ったのである。

自分は友人がいないし(かといって犬も飼っていないし
ブログに出てくるのが生きてない友達だったり
妖精だったりゼウスだったりはしない
猫を妖精扱いすれば話は別だがw)、
何よりも父親がそれだから。まず外に出たがらない
(腰が曲がっている、目が見えないとか以前から、
もう仕事を止めたら完全にこんな状態)。
出かけるといったら実姉と会うとかくらいしかない。
そんな人の遺伝子を思い切り受け継いじゃったから、
外に出ても自分の心象がすごく悪いというのも
悲しいかな外に出られない要因でもある。

前回言ってた孤独・さびしいという気持ちが
人をダメにするという言葉がすごく突き刺さる。
けど、学校を卒業する地点で友人がいないと
本当に苦労するというか、職場とかで知り合う人と
その後も友人関係が続くかというと
すごく難しいのは確か。それも年を重ねると尚更だ。

まぁね、志麻子さんが最後に言ってた
東京にやってきたころ友人がゼロだったけど
ゼロだった故に小説に打ち込むことができた
から友達がゼロだったことがよかったという事もある、
…やっぱり心の持ちようですなという言葉が
このVTRのすべてを物語っているような気がした。



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2017/08/04 20:28|
  2. 雑記

他人に自分の趣味を強要すると話し相手がいなくなる

何か記事になるものがないかと探していたところに
なんか面白い話があったので見てみた。
最初のダイジェスト記事は
誰誰が指摘して云々と書いてあったが
詳細を観てみると
その誰誰の人がひたすら自分の愚痴を
ひたすらつづっているだけという(笑)。
書いていることはなんとなくわからなくもないんだけど
なんか正直面倒くさいだけの人の文章にも感じる。

なんでもフジロックというフェスティバルに行った人は
必ず関係のない知人に行ったことを報告するのだそう。
つーかなんでそのフジロックというもの限定的な
ある種フジロックがすごく悪物のような扱いの
書き方になっているかに疑問を感じざるを得ない内容で…。
言いたいことは他人の領域にまで入ってきてまで
自分の趣味を押し付けるなという内容なんだけどね…。

別にフジロック行ってきたくらいは言ってもいいでしょうと。
興味のない人はあぁそうですかの一言で終わってしまうのだから。
それで終わりにしてくれないのかね?この行った人たちは?

つーか要は話に無理やり合わせなければいいだけのことでは?

…いくら何かグッズ買ったとかどんなバンドが出てきた
とか永遠と自分の趣味をひたすら話人間って
それは何もその記事のフジロックに限らず
野球に関しても自分のTVをうのみにしただけの
一方的な考えに凝り固まった政治の話とか
いっぱいあるわけだし。

そんな自分も他人に自分の趣味を干渉したり
逆に無理やり自分の趣味を押しつけられたりと
何もフジロックじゃなくても経験があるので
色々と思う事があるわけで。
こういう一方的に自分の趣味を押し付けるとかすると
確実に友人や話し相手が減るという事で、

相手は絶対に自分の趣味や価値観に
共感してくれるとは限らないんで
あくまでも浅い話にとどめておかないといけないし、
しつこく相手が納得するまでくい下がらない事だろうか?
無理をしてまでその人の話につきあう事もないし、
話す側もその辺りを気を付けてある程度の所で
とどめておかないと相手の態度も豹変してしまう。
その見極めがすごく難しいけど。特に女性はね…。

なまじそういう相手につきあってしまうと
ひたすらその話ばかりし出して切りがなくなるわ、
再び会えばまたその話を聞かなければならなくなる。
(野球の話を永遠とする人間に無駄につきあってしまったが結果
とんでもないくらいしつこく付きまとわれた酷い経験がある)
他に話すことはないのだろうかと思ってしまう。
ウチの父親もとにかく酷い。それで何とかやってこれた世代と
そういうのが全く相手にされない世代との溝が
激しくできているのに気付かない…。

相手が興味のある話でも自分には興味がないと
全く話が面白くなくなる。
それは正直仕事の話をしているような感じで
そういう時になると自分の悪い癖でもある
"落ち着きがなくなる感"が自然と出てしまい
何度も壁にかけてある時計を見たりして
早くこの現場から脱出したいと思ってしまうのである。
そういう事を今まで自分も他人にしていたのかと思うと
今でも本当に申し訳ないなぁという気になってしまう。

まぁこの記事を書いている筆者の内容は
ちょっとよくわからない部分もあるけど
まぁ自分的な解釈だと必要以上のことはしゃべるなとか
あまり話に合わせるなという感じにとらえた方がいいかと?。
何しろ面倒くさい表現が多すぎて
正直黙ってろと言っているようなものなので…。

まぁね、趣味を押し付けるくらいなら
決してよいとは言えないけど、まだいい方くらいな感じだろうか?
自分はそれ以上にひどい人間と関わってしまい、
事あるごとに人の趣味や価値観、生き方を否定して
自分の考えが絶対正しいんだと人を矯正しようつする輩。
もうね、人の性格なんて変えられませんから。
ましてアカの他人が偉そうに何様なんでしょう?
おまけに人の踏み込んではいけない領域に
土足で入り込んで何が悪いと開き直られた日にゃ
たまったものじゃない。こういう相手には
二度と関わっちゃいけないね。





テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2017/08/03 13:19|
  2. 雑記

マツコ 子供が嫌いなものは本能的にわかって嫌い

ある中学校でポニーテール禁止のニュースを見てたら
そのニュースサイトには色々と別のニュースのたいとるの
リンクがあって、色々とタイトルが並んでいる中に
先日に放送された5時に夢中!でマツコが
好き嫌いなものを強引に直そうとする話の記事が
載っていたのでちょっと見てみた。

まぁ本来はそれが主ではなく
作家の人の一日一食でも
三食とでも変わらない云々だったのだが
その流れから、ニュースサイトに取り上げられた
(親は)子供が好き嫌いなものを直そうとするけど
子供が嫌いなものって本能的にわかって嫌いだと
(アレルギーがあるとか)…。
好きな物を好きだなけ食えばいいとぶっきらぼうにバッサリ
という話に。

個人的にはこういう話題になると思ってしまうのが
でも大抵好き嫌いな食べ物が激しい人ほど
対人関係に対しても好き嫌いが激しいというか…。
これはマツコの本能的に嫌いだから食べない
という理論よりもはるかにアテにならないかもしれない。
因果関係も全くないわけだし…。
だけども結構当たっているような気もしないでもない。

好きなタイプの人間には絶対にしないような
失礼な態度を嫌いなタイプの人間にだけ対してする人間ほど
食べ物に対しても好き嫌いが激しかったりして
失礼な態度を決してせず(裏ではどう思っているか知らんが)
どの人間にも同じように接する人は
好き嫌いがあまりないみたいな?

…という事は自分の存在は、このマツコの理論だと
そいつが嫌いな人間が側にいるだけで
アレルギーにでもなるというのだろうか。
いや、食べ物との因果関係は不明だけど。

でも、レストランとか行って嫌いな食べ物だから
(それはアレルギーがあるにせよ)
皿の脇にその食べ物をまとめて残して置く
そういうのは第3者からするとちょっとどうかと思ったりする。
アレルギーで食べられないというのであれば
その脇に置くようなそういうマナーを正す
店側にも失礼のないようなしつけはするべきだとは思う。

それは人間に対しても嫌いなタイプの人間だから
アレルギーになるからとその人の傍を
露骨に避けるとか逃げるなど失礼な行動を
すればいいというわけじゃないし、
好きなタイプとだけ仲良くしたりつきあってたりと
世の中そんな自分の好きなタイプとだけ
接していられるわけではないわけだし…。

そういう部分はやっぱりある程度のしつけ、
矯正はするべきだとは思うけど。
最近の親は子供にそういう事をしていないのかね。
と思ってしまったりする。
いや年々本当に失礼な態度をする人間が増えてきて
本当に嫌になる。



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2017/08/01 13:10|
  2. 雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。