徳三の戯言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- --:--|
  2. スポンサー広告

他人に自分の趣味を強要すると話し相手がいなくなる

何か記事になるものがないかと探していたところに
なんか面白い話があったので見てみた。
最初のダイジェスト記事は
誰誰が指摘して云々と書いてあったが
詳細を観てみると
その誰誰の人がひたすら自分の愚痴を
ひたすらつづっているだけという(笑)。
書いていることはなんとなくわからなくもないんだけど
なんか正直面倒くさいだけの人の文章にも感じる。

なんでもフジロックというフェスティバルに行った人は
必ず関係のない知人に行ったことを報告するのだそう。
つーかなんでそのフジロックというもの限定的な
ある種フジロックがすごく悪物のような扱いの
書き方になっているかに疑問を感じざるを得ない内容で…。
言いたいことは他人の領域にまで入ってきてまで
自分の趣味を押し付けるなという内容なんだけどね…。

別にフジロック行ってきたくらいは言ってもいいでしょうと。
興味のない人はあぁそうですかの一言で終わってしまうのだから。
それで終わりにしてくれないのかね?この行った人たちは?

つーか要は話に無理やり合わせなければいいだけのことでは?

…いくら何かグッズ買ったとかどんなバンドが出てきた
とか永遠と自分の趣味をひたすら話人間って
それは何もその記事のフジロックに限らず
野球に関しても自分のTVをうのみにしただけの
一方的な考えに凝り固まった政治の話とか
いっぱいあるわけだし。

そんな自分も他人に自分の趣味を干渉したり
逆に無理やり自分の趣味を押しつけられたりと
何もフジロックじゃなくても経験があるので
色々と思う事があるわけで。
こういう一方的に自分の趣味を押し付けるとかすると
確実に友人や話し相手が減るという事で、

相手は絶対に自分の趣味や価値観に
共感してくれるとは限らないんで
あくまでも浅い話にとどめておかないといけないし、
しつこく相手が納得するまでくい下がらない事だろうか?
無理をしてまでその人の話につきあう事もないし、
話す側もその辺りを気を付けてある程度の所で
とどめておかないと相手の態度も豹変してしまう。
その見極めがすごく難しいけど。特に女性はね…。

なまじそういう相手につきあってしまうと
ひたすらその話ばかりし出して切りがなくなるわ、
再び会えばまたその話を聞かなければならなくなる。
(野球の話を永遠とする人間に無駄につきあってしまったが結果
とんでもないくらいしつこく付きまとわれた酷い経験がある)
他に話すことはないのだろうかと思ってしまう。
ウチの父親もとにかく酷い。それで何とかやってこれた世代と
そういうのが全く相手にされない世代との溝が
激しくできているのに気付かない…。

相手が興味のある話でも自分には興味がないと
全く話が面白くなくなる。
それは正直仕事の話をしているような感じで
そういう時になると自分の悪い癖でもある
"落ち着きがなくなる感"が自然と出てしまい
何度も壁にかけてある時計を見たりして
早くこの現場から脱出したいと思ってしまうのである。
そういう事を今まで自分も他人にしていたのかと思うと
今でも本当に申し訳ないなぁという気になってしまう。

まぁこの記事を書いている筆者の内容は
ちょっとよくわからない部分もあるけど
まぁ自分的な解釈だと必要以上のことはしゃべるなとか
あまり話に合わせるなという感じにとらえた方がいいかと?。
何しろ面倒くさい表現が多すぎて
正直黙ってろと言っているようなものなので…。

まぁね、趣味を押し付けるくらいなら
決してよいとは言えないけど、まだいい方くらいな感じだろうか?
自分はそれ以上にひどい人間と関わってしまい、
事あるごとに人の趣味や価値観、生き方を否定して
自分の考えが絶対正しいんだと人を矯正しようつする輩。
もうね、人の性格なんて変えられませんから。
ましてアカの他人が偉そうに何様なんでしょう?
おまけに人の踏み込んではいけない領域に
土足で入り込んで何が悪いと開き直られた日にゃ
たまったものじゃない。こういう相手には
二度と関わっちゃいけないね。





スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2017/08/03 13:19|
  2. 雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。