徳三の戯言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- --:--|
  2. スポンサー広告

岩井志麻子 友達がゼロでも心の持ちようですな

石原真理子の万引き疑惑の逮捕に関して
志麻子さんが生きた友達が一人もいない等、
色々と嘆いてたことに端を発した
追跡ベスト8の企画が友人がいない人の調査という。

自分も生きた友人が一人もいないので
ちょっとこの調査の結果が気になって観てしまった。
ただ、調査対象の人が最初が
まず友人がいないような人間がいなさそうな渋谷で
しかもいかにもいなさそうな人(まぁそうなってしまうのか)
ばかりなのがちょっと鼻にはつくが
それでも一人を除いたら皆数人入るという結果に。
なんでもその一人はお金の貸し借りが原因で
一人も友人がいなくなってしまったのだそう。

他にも代々木公園、秋葉原や巣鴨と
VTRが回って行くのだがそこでも友人のいない人がいたけど
ある人は仕事をはじめ結婚や子供ができたなどの
プライベートな事情から友人と遊ぶ時間がなくなり
次第に疎遠になっていったそう。
またある人は人に時間を合わせるのが疲れるらしく
自分の時間を大切にしたいという理由だそうで
なんとなく友人を株式投資とした理由ももわからなくもない。

最後の巣鴨のおじいさんは若干趣旨と違う感がしたので
あえて一緒にはしないが、
この番組のこのVTRはキー局やNHKでやっている程
視聴者に影響力はなさそうなのだが
なんでも友人がいない人は皆犬が好きなんだそうで
(お金関係で友人ゼロになった人の友人としてあげている
キャラクターも犬がモチーフになっているそうな)
犬が友人のいない人の救世主とか言っておられる
(その上記に書いたお祖父さんは犬も他界している)。

その上、この調査では友人のいない人は
60人中わずか4人だけで意外とみんな
どういう基準かわからないがいることはいるという感じ。

たださ、街に出ている人はすべてとは言えないが
何らかの形で友人がいる人の割合が多いような気がして
そもそも友達がいない人は
まず街にすら出歩いていないのではないかと
自分はこのVTRを観て思ったのである。

自分は友人がいないし(かといって犬も飼っていないし
ブログに出てくるのが生きてない友達だったり
妖精だったりゼウスだったりはしない
猫を妖精扱いすれば話は別だがw)、
何よりも父親がそれだから。まず外に出たがらない
(腰が曲がっている、目が見えないとか以前から、
もう仕事を止めたら完全にこんな状態)。
出かけるといったら実姉と会うとかくらいしかない。
そんな人の遺伝子を思い切り受け継いじゃったから、
外に出ても自分の心象がすごく悪いというのも
悲しいかな外に出られない要因でもある。

前回言ってた孤独・さびしいという気持ちが
人をダメにするという言葉がすごく突き刺さる。
けど、学校を卒業する地点で友人がいないと
本当に苦労するというか、職場とかで知り合う人と
その後も友人関係が続くかというと
すごく難しいのは確か。それも年を重ねると尚更だ。

まぁね、志麻子さんが最後に言ってた
東京にやってきたころ友人がゼロだったけど
ゼロだった故に小説に打ち込むことができた
から友達がゼロだったことがよかったという事もある、
…やっぱり心の持ちようですなという言葉が
このVTRのすべてを物語っているような気がした。



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2017/08/04 20:28|
  2. 雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。