徳三の戯言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/-- --:--|
  2. スポンサー広告

電車内でスマホに夢中の母へ放った息子の一言が話題

(下手をしたら)8割強が
スマホをいじっているという
スマホをまずいじらない人間から見ると
ある種の異様な、異常な雰囲気、
光景を感じる今の電車内。
朝の通勤時間帯で経済新聞を
読んでいる人間が多かったのは
10年も前ではなかったハズ。

LINEというものが流行るようになって
スマホ普及率が加速したような気がする。

おまけにマナーも悪くなった。
平気で肩をぶつけたり、カバンをぶつけたりしても
知らん顔、降りたい、移動したくても
すいませんと言っても全く無視して
LINEをしている(わかってやっているのかとさえ
思うくらいだ)様には殺意さえ湧いてくる。
もちろんLINEをやっている、スマホをその場で
いじっている人間だけがマナーが悪いのかというと
決してそういうわけではなくマナーを守らない
というか自分ルールが一番だという人間が増えたというのは
何とも悲しいことだろう。

そういう人間に限って自分がやられる立場だと
烈火のごとく怒り、罵倒や暴力等にうって出てくるものだから
タチが本当に悪い。トラブルにならないように
いつも我慢を強いられている人間の気持ちなど
まるで理解せずやられる人間が悪いと
自己責任論をかざされるのだからたまったもんじゃない。

で、ポータルサイトに載ってたこの話。
おそらくこの母親も側にいるこどもをそっちのけで
スマホをいじってた、LINE(内での友人とのやり取り)
に興じていたのだろう。
正直誰と電車内で繋がる必要があるのだろう。
いや、それはこの親に限らずどこの誰でもそう、
故・淡路恵子さんも繋がる必要なんかないって
苦言を呈していたけどまさにその通り。
他人に迷惑をかけてまで繋がる必要はどこにあるのかと。
返信が遅いと友人関係切られるって
そんなの最初から友人でも何でもないでしょう?

いや、本当にそういう親が多くて
子供を椅子に座らせておいといて
後は自分はLINEに興じているというね。
子供が母親のもとを離れてどこか別の車両に行っても
知らない人にさらわれても知らんぷりだったのだろうか?

子供のことよりもLINEの仲間(現実でも会っているんだろうか?)
の方がそんなに大事なのかと。
そりゃ子供がスマホになりたいという気持ちもわからんでもない。
なんだか子供がすごくかわいそうでならない。
子供は親を選べないわけだから。

仮にこれがスマホじゃなくって週刊大衆だったらどうだろう?
週刊大衆を読むのに明け暮れて
子供の話をスルーしまくる母親に
子供が週刊誌になりたいと口にしていただろうか?
なんかそういう事にはならなかったような気がするんだよなぁと。
スマホや携帯などの独特の異様性が子供には
映ったのかもしれません?

つかいっそのこと電車内でネットが使えないようにすれば
良いんじゃないかと思うんだけど
今それをいきなりやると暴力沙汰な事件が多発しそうだなぁ…。




スポンサーサイト
  1. 2017/08/14 18:59|
  2. 雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。